水の眠り 灰の夢

桐野夏生著 高度成長期を舞台にした物語
カテゴリ
[A] アフィリエイト実験「のブログ」
[A] アフィリエイト実験「のブログ」/一覧 (1051)



アクセスランキング

2006年7月
           
8
         

新着エントリ
X05HTで英辞郎を使う (8/11)
アドパートナー/広告配信停止?! (1/21)
第550回全国自治宝くじ(年末ジャンボ)当選番号 (1/1)
明けましておめでとう御座います。 (1/1)
X05HTにAdvanced Configuration Toolをインストール (12/20)
iPAQ112で英辞郎第四版を使いたい!? (12/13)
X05HTのカメラにモードを追加 (12/6)
X05HT入手 (12/6)
microSDHCカード 8GBが安い! (11/30)
ST警視庁科学特捜班 緑の調査ファイル (8/24)
ST警視庁科学特捜班 黄の調査ファイル (8/24)
ST警視庁科学特捜班 赤の調査ファイル (8/17)
ST警視庁科学特捜班 青の調査ファイル (8/16)
最悪 (8/16)
黒いモスクワ ST警視庁科学特捜班 (8/11)
ST警視庁科学特捜班 黒の調査ファイル (8/11)
イン・ザ・プール (7/31)
空中ブランコ (7/26)
陽気なギャングが地球を回す (7/17)
Spb Backupをマイナーアップデート (7/12)
iPAQ112のROMアップデート&Spb Backup v.2.0 (7/9)
パラレル (7/6)
海に消えた神々 (6/29)
神々の遺品 (6/21)
グラスホッパー (6/15)
さまよう刃 (6/7)
iPAQ112にインストールしたソフト 12 (6/4)
iPAQ112にインストールしたソフト 11 (6/3)
iPAQ112にインストールしたソフト 10 (6/1)

新着トラックバック/コメント



PageRank

アーカイブ
2004年 (215)
5月 (1)
10月 (9)
11月 (62)
12月 (143)
2005年 (537)
1月 (122)
2月 (82)
3月 (55)
4月 (68)
5月 (66)
6月 (36)
7月 (15)
8月 (26)
9月 (12)
10月 (29)
11月 (12)
12月 (14)
2006年 (104)
1月 (16)
2月 (6)
3月 (11)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (9)
7月 (21)
8月 (6)
9月 (2)
10月 (6)
11月 (12)
12月 (5)
2007年 (103)
1月 (7)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (3)
5月 (4)
6月 (18)
7月 (2)
8月 (7)
9月 (13)
10月 (13)
11月 (14)
12月 (15)
2008年 (88)
1月 (13)
2月 (20)
3月 (9)
4月 (11)
5月 (10)
6月 (7)
7月 (6)
8月 (7)
11月 (1)
12月 (4)
2009年 (4)
1月 (3)
8月 (1)


アクセスカウンタ
今日:136
昨日:165
累計:4,238,654


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2006年07月08日(Sat)
< 地を這う虫 < リヴィエラを撃て | オススメ「本」/一覧 | スキップ > 風の男 白洲次郎
水の眠り 灰の夢

高度成長に湧く、東京オリンピック直前の昭和30年代半ばが舞台です。
みゆき族が銀座を闊歩し、アイビールック全盛だった頃ですね。

私の高校時代もアイビールックのリバイバル全盛でしたので、服装に関する記述が非常に懐かしかったです。
VAN、KENT、JUNなどと言うメーカーがありましたね。

ところどころで、出てくる人物は実在のこの人物を想定しているのかな、などと考えながら読んで見ました。

トップ屋村野が、地下鉄の中で遭遇した爆弾事件、地下鉄の乗り換え時にすれ違ったと思われる容疑者の「草加次郎」を追います。
一方、家に戻らない甥を葉山まで迎えに行き知り合った女子高校生が殺され、容疑者となります。

勢いのある時代の雰囲気も上手く書かれており単なるミステリー以上に楽しめます。

人気blogランキングへ


水の眠り 灰の夢
水の眠り 灰の夢
文藝春秋 [著] 桐野 夏生
ASIN:4167602024 /文庫/475頁
発売日:1998-10
ランキング&評価:---位 4.5
価格:¥ 660 [2006-07-08 Amache]
4 - シリーズ番外編だが独立した作品としても読める
4 - 女性探偵ミロの父親を描くストーリー。手慣れた筋運び、外しはしない・・。
5 - 探偵、村野ミロシリーズの番外編
5 - ひと味違うおもしろさ
3 - 綿密な描写
Amazon.co.jpで詳細を見る・・・


Technorati tag: